軟骨再生シート

変形性膝関節症の治療を目的として研究開発を行っている再生医療製品パイプラインです。現在、共同研究先において自己並びに同種細胞を用いた臨床研究が進められております。

製品コンセプトと特徴

変形性膝関節症は加齢・肥満・遺伝・外傷などを原因として膝関節の軟骨表面が摩耗・変性し、膝に痛みを感じ、曲げ伸ばしが困難になる疾患です。変形性膝関節症を罹患する患者数は近年増加の一途を辿っており、国内の患者数は2530万人と推定され(東大22世紀医療センター調査)そのうち有症状者数は約800万人と推定されていますが、軟骨は自己修復能力が非常に弱いことが知られています。症状が軽度の場合はリハビリテーション・サポーターなどの装具療法・ヒアルロン酸注射などの薬物療法といった保存療法が行われます。症状が重度の場合は手術療法が行われます。これらの治療法は一定の効果はあるものの、根本的な治療法ではありません。

私たちは細胞シート工学を応用し、東海大学との共同研究によって患者さん自身の軟骨組織から軟骨再生シートを作製することに成功しました。さらに現在は同種移植を目指し、多指症患者由来の軟骨組織を原料とした軟骨再生シートの開発に取り組んでいます。軟骨細胞シートは温度操作のみで回収しているため細胞表面の接着タンパク質などを保持していることから、容易に移植部分に接着する特徴を持っています。移植された軟骨細胞シートは損傷部分の保護や軟骨再生に必要なタンパク質の分泌を行い、本来の軟骨組織への再生に貢献すると考えられます。

共同研究先に関する詳しい情報はこちら