心筋再生パッチ

心筋再生パッチは根本的な治療法が確立されていない心疾患(虚血性心疾患、拡張性心筋症など)の治療を目的としています。

製品コンセプトと特徴

心筋再生パッチは患者から採取した細胞(例えば、患者の大腿から採取した筋芽細胞、ヒト間葉系幹細胞、脂肪細胞など)を原料としています。これは、温度応答性細胞培養器材を用いて、細胞シート(心筋再生パッチ)を作製し、患部に移植して治療する方法です。細胞シート移植は、注射で細胞を注入する方法よりも移植細胞の患部定着率が高く、より大きな治療効果が期待されます。