角膜再生上皮シート

ヒトの角膜の上皮と呼ばれる部分のさまざまな疾患を治療することを目的としています。

製品コンセプトと特徴

角膜上皮には、角膜輪部(白目と黒目の境)と呼ばれる場所があり、新陳代謝を司る幹細胞()が存在していますが、自己免疫疾患や火傷など様々な原因でこの幹細胞が失われると眼表面の角膜上皮の再生が困難となり、やがて角膜上皮が欠損している部分を中心に眼表面全体が結膜組織や血管組織で覆われて視覚障害が起こります。このような疾患を総称して角膜上皮幹細胞疲弊症と呼びます。

角膜再生上皮シートは、角膜上皮幹細胞疲弊症を治療するための再生医療製品として研究開発が行われております。患者から採取した口腔粘膜上皮細胞を原料として温度応答性細胞培養器材にて作製した細胞シートを患者の目表面に移植して治療します。

幹細胞 :細胞の元となり得る細胞で、様々な細胞に分化し得る能力と細胞分裂を経てもなお分化し得る能力を併せ持つ細胞。