細胞シート再生医療事業

セルシードは細胞シートを用いた「再生医療の事業化」に挑戦しています。

2014年の再生医療新法施行に伴い、細胞を利用して失われた機能を取り戻す再生医療が脚光を浴びております。正常な機能を有する組織から採取した細胞を培養し、患者に移植することによって、組織修復と機能の再生を促すのです。再生医療によって患者のQuality of Life (QOL) の向上が多いに期待でき、これまで治療できなかった疾病を根治する可能性も高まっております。私たちの行う細胞シートとは、ヒトの細胞を採取し、シート状に培養して作製した薄い膜で、これを患部に貼ることで細胞や臓器の再生を図るものです。この基盤技術である「細胞シート工学」は、東京女子医科大学の岡野光夫教授(当社サイエンティフィック・アドバイザリー・ボード チェアマン)により開発され、再生医療を飛躍的に進歩させる画期的な技術として世界中から注目されております。この細胞シート工学を駆使して、角膜、心筋、歯根膜など様々な治療法の開発の研究が進められております。

セルシードでは、食道再生上皮シートおよび軟骨再生シートを、早期事業化を目指すパイプラインとして、現在開発を進めております。

細胞シートを用いた治療の開発

細胞シート用いた治療の開発