データ集RepCell®・UpCell® DATA

UpCell®のI型コラーゲンコーティング方法について(HUVEC細胞を使用した場合)

準備

  1. UpCell® 3.5cmディッシュ
  2. HUVEC (Lonza, C2517A), 培地(Lonza, EGM-2)
  3. コラーゲン I(3.34mg/mL), BD Biosciences, 354236
  4. 0.02N 酢酸溶液
  5. PBS溶液

コーティング方法

一般的な濃度の5〜10倍のコラーゲン溶液を作製し、UpCell®上に塗布して37℃で温めます。

  1. 0.02N酢酸溶液を用いて、500μg/mLのコラーゲン溶液を作製する。
  2. UpCell®3.5cmディッシュに1mL滴下し、全体に行き渡らす。
  3. そのディッシュを37℃ 1時間静置する。
  4. コラーゲン溶液を除去し、予め37℃に加温した1mLのPBSで洗浄する。

培養条件

  1. コラーゲンコーティングしたUpCell® 3.5cmディッシュを用意する。
  2. HUVEC細胞を10,000 cells/cm2播種する。
  3. 37℃インキュベーターで培養する。

播種後2日目の比較写真

コーティングなしの場合

培養液でコーティングした場合
(細胞播種前に37℃、1時間プレインキュベーションしたもの)

コラーゲンでコーティングした場合

一覧へ戻る