データ集RepCell®・UpCell® DATA

剥離後、再播種されたマクロファージの再付着性

剥離手法の違いによるマクロファージの再付着性(再播種後24時間)

RepCell EDTA/Scraping
RepCell® EDTA/Scraping
  1. マウス腹腔マクロファージをRepCell®及び通常細胞培養用ディッシュに5x106個を播種。
  2. 2時間培養後、浮遊細胞を回収しPBSで洗浄。
  3. 2日間培養後、PBSに置換し、温度処理(氷冷、5分)及びPBS+EDTA処理により回収。
  4. 細胞培養用ディッシュにRepCell®及び通常細胞培養用ディッシュから回収した細胞を再播種。
  5. 再播種24時間後に観察。

一覧へ戻る