FAQ よくあるご質問FAQ.

アップセル

培養皿は何℃で保管すればいいのですか?
室温で直射日光を避けて保管してください。
何度も繰り返し使用可能ですか?
繰り返しの使用はお勧めできません。
温度応答性ポリマーで固定化した培養皿を使用するにあたって、何か注意することはありますか?
【細胞播種から翌日まで】
培地は必ず37℃にプレインキュベートしたものをご使用ください。また、培養中は極力32℃以下にしないようご注意ください。物理的な衝撃も避けてください。剥がれやすくなっておりますので、細胞間接着が形成されるまではインキュベータ内に静置されることをお勧めいたします。
【培養中】
長時間の顕微鏡観察などは避けるようにし、温度にご注意ください。
【培地交換時】
37℃にプレインキュベートした培地で交換を行うようにしてください。
細胞をシート状に回収する手順を教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。
細胞をシート状に回収する際の留意点を教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。
細胞をシート状に回収するには、UpCell®とCellShifterTMが必須なのでしょうか?
細胞をシート状に回収するには、UpCell®は必須です。しかし、細胞シートを回収するための支持体はCellShifterTM以外に親水性PVDF膜などを代用することができます。その場合は操作性において、若干CellShifterTMと異なりますのでご注意ください。
UpCell®とCellShifterTMを使っても、うまく細胞をシート状に回収できない場合はどうしたらいいでしょうか?
細胞の種類・培養密度・培養日数等によって剥離性が異なります。そのため、これらの条件検討が必要になる場合がございます。条件につきましては、上記Q4,Q5をご参照ください。
UpCell®を室温に置いて作業していると細胞が剥がれてきてしまいますか?
すぐには剥がれませんが、UpCell®は32℃以下になると細胞が剥がれやすい表面に変化します。そのため、以下の点に注意してご使用ください。
1) 培地交換する際、培地は37℃にプレインキュベートしたものをご使用ください。
2) 培地交換中に培地温度が低下しないよう、培地交換時間にご注意ください。(UpCell®を何枚も同時に培地交換しますと最後の方で温度が低下してしまいます。)
3) 物理的な衝撃を与えないでください。特に、細胞間の接着が形成されていないような、播種直後の細胞はわずかな衝撃で剥がれることがございます。
4) 室温で作業する際(顕微鏡下での観察や試薬添加など)は、市販されているホットプレートなどをお使いいただくと保温したまま作業が可能となります。
UpCell®インサートを購入したいのですが・・・
申し訳ございません。インサートタイプは現在、開発中のため販売しておりません。
細胞シートを用いた凍結切片やパラフィン包埋切片の作製方法を教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。
I型コラーゲンコーティング方法を教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。
細胞をシート状に回収する際、トランスファーの練習用として推奨するゲルを教えてください。
パンフレットやHP上に掲載されている写真のゲルは、SDS-PAGEで使用する15%アクリルアミドゲルを用いています。7.5%ゼラチンも使用可能です。ただし、アガロースのような粘着性の低いゲルは接着しにくいので、お勧めしません。
UpCell®を用いたECMコーティング推奨濃度を教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。
UpCell®を用いた分化誘導実験実績があれば教えてください。
詳しくはデータ集をご覧ください。