ごあいさつGREETINGS FROM PRESIDENT AND CEO

再生医療元年 代表取締役社長 橋本せつ子

細胞シートの事業化にむけさらに一歩前進
- 価値ある、革新的な再生医療をリードし、世界の医療に貢献します -
代表取締役社長 橋本 せつ子

当社は2001年の創業より一貫して、日本発・世界初の再生医療の基盤技術である「細胞シート」(※)の事業化に向けて、様々な取り組みを行って参りました。

そして、2014年に施行された「再生医療新法」により再生医療を取り巻く環境が大きく変わりました。この新法施行をチャンスと捉え、「食道再生シート」と「軟骨再生シート」を最優先品目と定め、承認取得に向けた開発を行ってきました。2015年には欧州における細胞シート再生医療製品の研究開発・マーケティング・販売を事業内容とした子会社セルシード スウェーデン株式会社をスウェーデンに設立し、表在性食道癌の術後創傷治癒の促進を目的とした「食道再生上皮シート」の欧州全体での承認を目指して欧州医薬品庁(EMA)との事前相談を進めております。そして、2016年には、日本で上記「食道再生上皮シート」の治験を開始しました。2016年に本社をテレコムセンタービルに移転し、同ビル内に細胞培養センター(CPC)を建設し、細胞シートの事業化に向けた地盤を固めております。

さらに、日本で上記「食道再生上皮シート」の販売承認申請の提出を目指すとともに、変形性膝関節症を適応症とする「軟骨再生シート」の治験開始を計画しており、細胞シートの事業化は着実に近づいております。

当社といたしましては、細胞シート製品を一人でも多くの患者様に一日も早く届けるべく引き続き邁進してまいりますので、皆様のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

※当社独自の「細胞シート工学」を用いてヒトの細胞を、シート状に培養して作製した薄い膜で、これを患部に貼ることによって組織や臓器の再生を図るもの。

橋本 せつ子